さい〇うパパのブログ

1児のぱぱ。子育てに燃えるさい〇う!雑記ブログを書いてます。

画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

モテる女性になる為にやるべき3つの事【ディナー編】

f:id:ryosuke888:20170104235755j:plain

さぁこれからディナーに行くあなた。ディナーに行くという事は相手の男性の事を心のどこかではいいなーと思っている事でしょう。

また相手の男性もディナーに行くという事は少なからずそのあなたに好意を抱いている事でしょう。

この記事はそんなあなたのちょっとしたエッセンスとなるよう男性目線でやるべき事をお伝えいたします。

ほんのり赤いチークを塗ろう。

これは非常に重要です。

ディナーとなればお酒は必ず飲むことでしょう。(お酒を飲まないとか男性はそれだけで少しテンション下がりますのでご注意くださいね)

お酒強い人あるあるですが、「私あんまり酔わないんですよね。」って一言。

この一言は完全に不要です。

誰得?って感じの言葉です。実はお酒に強くない男性も非常に多いです。お酒に強くないのを恥ずかしい事と考えている男性も多くいてるんです。なので実際強くてもこの言葉を発することはやめましょう。

そして強い人でも弱い人でも顔に出る人出ない人、様々いらっしゃいます。

顔に出ない人は特にこの項目MUSTにして頂きたいのですが、そーゆー人こそ「少し赤いチーク」を塗ってください。無類の強さを発揮します。

 

お酒で少し顔が赤らんでいる女性を魅力的と思わない男はこの世に存在しません。

 

これは間違いのない事実です。

その事実を無視することはナンセンスです。

「少し赤いチーク」は薄暗い照明で最も効力を発揮します。あなたが演じなくても薄暗い照明が「ほろ酔い感」を演じてくれます。これ頭に叩き込んどいて下さい。

そして男性にこう言わせるとあなたの思うつぼです。

「少し酔っぱらっちゃった?」

この一言を発した男性はあなたの事を既に愛おしく感じている事でしょう。

きっといいことありますよ。

終電時間をきっちり伝えよう。

「終電○○時なんだよね。」

実はこれは魔法の言葉です。

この一言で「男としての余裕度」を測れます。

余裕のない子どもっぽい男性よりどうせなら「余裕のある男性」の方がいいですよね。

よくあるのがあからさまにテンションが下がる人。当然のことながらダサいですよね。

それ以外にも「大丈夫やって」とか「漫画喫茶あるやん」とか「友達の家泊まったらいいやん」と根拠のない事や相手の事を全く考えていない言葉を発する人が多くいます。

「俺の家泊まったらいいやん」は潔くまだましな方だと考えましょう。

 

終電時間を伝える事は全てを見抜けるくらい便利な言葉なので活用しましょう。

 

余裕のある男性は一言こう言うでしょう。

「だったら○○時までにはお店出ないとダメだね。」と。

そして○○時にはきちんとお店を出てくれるでしょう。

ただしこれだと余裕のある男性とはいえ少し面白くない男性ですよね

女性は少しエキゾチックな部分も求め、少なくともここまで読んでくれているあたなはこれで満足する事はないでしょう。

ここで余裕がありつつさらに色気のある男性は○○時の30分程度前にこう付け加えるでしょう。

「今から全力で終電忘れさせるよう努力するね。」

「それでも終電覚えていたら今日はきちんと帰ろうね。」と。

いかがですか。ほんの一例ですがこの言葉で相手の考えている事の9割方分かる事でしょう。

是非そんな魔法の言葉を使ってください。

次がLast-sentence。

「ごちそうさまでした」を言おう。

最後の最後に基本中の基本です。

しかしこの基本中の基本をできていない女性が多すぎます。

当然奢ってもらった後のセリフですが、これを聞きたい男性の本心は、自分も奢ってあげたいと思えるくらい素敵な女性なのにこの一言がないために、「あなたの育ち」を疑われてしまいます。

決してお金出したんやからごちそうさまくらい言えよと言った次元の低い話ではございません。

何か嬉しい事をしてもらったら「ありがとう」

家に帰ってきたときは「ただいま」

寝る前には「おやすみなさい」

これらと同一レベルです。挨拶であったり感謝の気持ちを伝えれない女性はいくら容姿端麗でも台無しです。

逆にそうでもない人がにこっと「ごちそうさまでした」と言うとそれだけで「いい子やなー」と思ってもらえるくらい重要な一言です。

こんな一言で「魅力的な女性」から「魅力のない女性」に変身するのは絶対に避けましょう。

まとめ

以上やってはいけない3つの事を並べてきました。いかがでしたでしょうか?

これらの要素があなたの魅力を最大限に引き立たせるためのエッセンスとして取り入れて頂ければ何よりでございます。