さい〇うパパのブログ

1児のぱぱ。子育てに燃えるさい〇う!雑記ブログを書いてます。

『ビリギャル』は家族の在り方を考えさせられる最高の作品だった。

f:id:ryosuke888:20170109014525j:plain

 

2015年5月に公開された『ビリギャル』を見ました。

公開当時はなんとなく見てみたいなーと思っていたような記憶があり、プライムビデオアプリでなぜか上位に表示されていた事も重なり今回の視聴に至りました。

ぼく自身のメモとして今回の記事を執筆します。

ネタバレ満載なのでご注意ください。

ビリギャルのその後のストーリーが気になる方は記事の最後に貼り付けておきます。

『ビリギャル』のあらすじを図を用いて解説。

主演は有村架純演じるさやか。さやかは学年ビリのギャル。

そんなさやかはこちらです。↓

f:id:ryosuke888:20170109001828p:plain

しかし1年間頑張って偏差値を40上げ、慶應義塾大学に合格したというシンデレラストーリー。最終こうなります。↓(かわいくなりすぎっしょ)

f:id:ryosuke888:20170109001852p:plain

上記の通りギャルで担任にもクズ呼ばわりされたさやかが坪田先生(伊藤淳史)に出会い人生が変わります。↓

f:id:ryosuke888:20170109002136p:plain

真面目に自分と向き合ってくれる坪田先生を信頼しここから勉強漬けの日々がスタート。

同時期にこちらも坪田マジックに操られ勉強漬けになるれいじ(野村周平)。↓
親への復讐方法として「司法試験に受かりつつ弁護士にならない」という最高に喜ばせた上でどん底に突き落とすという選択肢を与える。

f:id:ryosuke888:20170109003741p:plain

そんなさやかとれいじが下校中、偶然に喫茶店で坪田先生と西村先生(さやかの担任)に出くわす。ここで坪田先生の最高の名言が出ます。

f:id:ryosuke888:20170109004234p:plain

西村先生「少しくらい勉強したってダメな生徒はダメなんです。」

坪田先生「ダメな生徒などいないと思います。ダメな指導者がいるだけですよ。」

中略

西村先生「あんなクズは無理に決まっている!」

坪田先生「さやかちゃんはクズじゃない!可能性に溢れる最高に素敵な女の子です!」

 

この場面を目撃しさらにモチベーションを上げるさやか。

 

とある日、母親が坪田先生に呼び出され、今のままでは無理で週6日コースを薦める。

 

しかし経済状況があまりよろしくない家庭の為、親戚にまでお金を借りる始末。

あーちゃんの想いは「受かる受からないは関係ない。さやかは塾に通ってからずっとワクワクしている。それだけで十分。」との事。

 

やばい、涙出そう。。。

 

いつも一生懸命なさやかですが成績はあがるのですがやはり慶應という高い壁にぶち当たり一度投げ出してしまいます。↓

f:id:ryosuke888:20170109005249p:plain

そんなところに坪田先生登場。なぜか卵。↓

f:id:ryosuke888:20170109005452p:plain

f:id:ryosuke888:20170109005507p:plain

はい!立ったー!!!!!

これ実際のシーンでも結構長かったんで相当頑張ったんでしょうね。笑

実はこのシーンでも坪田先生の名言が飛び出します。

 

卵をクララになぞらえて、ハイジが立つと信じ続けたからクララも立てたと。

丸いという先入観だけで立つはずがないと思っていたさやかに対して、

「可能性があるって知っておくことって凄く大事」

 

ここからさやかはさらに一段ギアを上げて勉強スタート。

 

それでも全国模試では全てE判定。

 

そんな落ち込んでいるさやか家にさらなる修羅場が・・・↓

f:id:ryosuke888:20170109010143p:plain

父親がプロ野球選手になるため手塩にかけて育てた弟が半グレ状態。

勝手に野球部まで退部する始末。

 

とうとう坪田先生にまでギブアップ宣言するさやか。

 

そして雨の中塾を飛び出しあーちゃんの元へ。

f:id:ryosuke888:20170109010521p:plain

ここからのシーン、子どもがいる親なら本当に感動します。

あーちゃんが子どもの頃のさやかを回想し想いを告げる。

「この子の笑顔が見られれば私は幸せ。」

 

泣けます(;_:)

 

引きこもっていたさやかはあーちゃんと慶應義塾大学へ。

 

記念撮影を拒否するさやか。

 

「写真は春まで待っていてほしい。やっぱり慶應に、行きたい。」

 

さやか完全復活!!!

 

そしてとうとうC判定も勝ち取る!

 

そんな中、さやか家では儀式が↓

f:id:ryosuke888:20170109011204p:plain

弟を開放する儀式。父親の夢を押し付けていたことを猛省。

 

そしてとうとう受験へ。

 

慶應義塾大学:文学部

近畿学院大学:文学部

慶應義塾大学:総合政策学部(記念受験)

 

まずは近畿学院大学の入学試験だが、大雪で交通機関機能せず。

困っている人を見捨てられないとあーちゃんから聞いていた父親が大活躍!

 

そんなこんなで入試開始。

 

そして合格発表。

f:id:ryosuke888:20170109011851p:plain

ドキドキ

 

ドキドキ

 

映画なのに我が子のように気になります。

f:id:ryosuke888:20170109011915p:plain

 

どっちだ!?

 

どっちどっち!!!???

 

f:id:ryosuke888:20170109011940p:plain

 

おめでとう(^^)/

 

本命でないにしろとりあえず合格はめちゃ嬉しい(^^)/

 

そして次は本命の慶應義塾大学(文学部)の入試。

坪田先生から願掛けを頂く↓

f:id:ryosuke888:20170109012559p:plain

 

まさかこれが悲劇の始まりなんて誰が予想したのだろうか・・・

 

f:id:ryosuke888:20170109012633p:plain

 

ごくごくっ

 

ごくごくっ

 

f:id:ryosuke888:20170109012654p:plain

 

まさかの腹痛っっっ!!!!!!!坪田マジック炸裂っ!?

 

ここも実話ですかね?笑

 

そして見事に不合格。

 

えっ?受かるんちゃいました???

 

あっ!まだ記念受験呼ばわりしていた総合政策学部があったか!

f:id:ryosuke888:20170109013313p:plain

f:id:ryosuke888:20170109013321p:plain

 

えっ。受かりますよね?

 

受からないと映画にならないですよね???

 

f:id:ryosuke888:20170109013426p:plain

 

受かったー!!!!おめでとー!!!!

 

f:id:ryosuke888:20170109013501p:plain

 

良かった(^^)/

 

という話です。

 

ちなみにれいじは名古屋大学不合格のため一浪となりました。

 

『ビリギャル』のまとめ

ぼくが伝えベタな為あまり伝わっていないかと思いますが、この映画は本当に良い作品です。

さやかメインで書きましたが、それと併せて弟とお父さんとの絆であったりと、家族の愛がいっぱい詰められており、家族持ちの方は身に染みるシーンが多すぎます。

涙が零れ落ちるシーンも多くあり本当におすすめです。

 

ビリギャルのその後の姿が下記に掲載されておりますので気になる方はお読みください。

style.nikkei.com

 

Amazonプライム気になる方はこちらの記事もどうぞ。

記事:Amazonプライム会員特典が凄すぎる!7つの特典を分かりやすく紹介!

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

んじゃまたっ!