読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リーマンを辞めた会社員のブログ

プライムビデオ視聴・購入レビュー・美味い店・節約系、いわゆる雑記ブログ

『花粉症』つらい時期に超重要なたった1つの行動

f:id:ryosuke888:20170315224504j:plain

目がかゆい、涙がでちゃう、鼻水がでちゃう・・・

3月から花粉症の本格シーズン突入ですね。

長い人は5月のGW頃まで花粉症に悩まされる人もいることでしょう。

ぼくも花粉に敏感でこの時期は非常につらい思いをしてます。

そんな重度の花粉症のぼくですが花粉対策をしたことありません。(厳密に言うとあえて花粉のシーズンだから何かをしているわけではございません。例えば空気清浄機は年中つけてます)

理由は1つ。いくら対策をしても『治る』ということはありえないからです。

みなさんも気づいていることでしょう。対策ではどうしようもないことを。気休めだということを。だけど何もしないのは「何かしておかないとなんだかこわい」というマインドで対策をされていることでしょう。

そんなぼくがこの時期に必ず行っている行動をお伝えします。これを実施するとみなさんも苦しい症状からの解放間違いありません。

花粉対策集

ぼくの行っているただ1つの行動の前に一般的な花粉対策を列挙します。

マスクやメガネの着用、帰宅時に服についた花粉を払う

花粉を直接肌に触れさせない対策の代表格です。この時期マスクを付けてない人はいないというくらい一般的な対策ですよね(少しオーバーな表現ですが)。ある程度の効果は見込めるでしょう。しかし、裏を返すと「ある程度」の効果しか見込めません。極論は「やらないよりはやった方がまし」といったレベルではないでしょうか。

また、布団を外に干さない、窓を閉めておくというのもこの項目にあてはまりますね。

いずれにせよ、劇的な症状緩和を見込むのは難しいでしょう。

羽生結弦さんが使っていることで話題になった「くればぁ」のマスクを使用すると完全防御ができるかもしれません。価格に驚いてください↓

 

空気清浄機

こちらも代表的な対策ですね。ぼくも自宅で年中つけてます。本当に花粉を吸っているのか?と疑いたくなります。なぜならどれだけ空気清浄機をつけていても目のかゆみや鼻水がまったくおさまらないからです。空気清浄機がなければもっとひどい症状のはず!と自分に言い聞かせてます。

こちらも気休めレベルだと言わざるをえません。

価格コム満足度No.1の空気清浄機であれば結果は違うかもしれません↓

 

正しい食生活

花粉症対策というわけではないですが、ぼくは2月下旬から毎朝欠かさず自家製ヨーグルトを食べてます。健康のためです。ヨーグルトも花粉症対策には効果があると研究発表が出ております。しかしヨーグルトといっても様々な菌ありことをご存知でしょうか?花粉症に効果があると言われている菌で作られているヨーグルトを食べないと効果が発揮されませんのでご注意下さい。さらに花粉症シーズンより1~2ヶ月前から食べ続けることが重要になってきますので今からでは遅いです。テスト前に一夜漬けで頑張っても意味がないのと同様です。

↓ちなみに自家製ヨーグルト作成の記事です。簡単に作れて節約して健康になれますので超多忙なあなたにもオススメです。

生活習慣の改善

寝不足、ストレス過多、お酒の飲みすぎ、 喫煙はやめて、適度な運動をしましょうとよく言われるかと思います。これは花粉症に限らずなことですね。仮にすべてを条件を満たした場合は花粉症が改善されるのでしょうか。おそらく否でしょう。そもそも、すべての条件を満たすことが一番難しいことだと思います・・・

スポンサーリンク
 

 

一旦まとめます

花粉症対策と呼ばれる主だったものはこんなところでしょうか。

再度のお話になりますがぼくは上記のような対策はあえて花粉の時期だからといって実施しておりません。そんなぼくがなぜ花粉症の時期でもつらい思いをせず過ごせているのか・・・

ぼくが行っているたった1つのこと

それでは答えを教えます。

ぼくが行っているたった1つのこと・・・

 

 

耳鼻咽喉科へ行く!

 

この1点につきます。

 

「なんだ、そんなことかー」という声が聞こえてきそうですね。「ここまで読ませて結局それかよ」という声も聞こえてきそうです。

そんなあなたにぼくは質問を投げかけたいです。

「ではあなた、行きましたか?」

 

まとめ

病院で薬を処方してもらうと、嘘のように苦しみから解放されます。28日間分の処方で診察料込で3000円程度の支出です(ぼくの場合)。

わずか3000円で苦しみからの解放です。

つらい思いをされている方、是非一度最寄りの耳鼻科へ足を運んでください。

 

感動体験を是非あなたにも味わっていただきたい。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

んじゃまたっ!