さい〇うパパのブログ

1児のぱぱ。子育てに燃えるさい〇う!雑記ブログを書いてます。

給料決定に「業績・成果が最も需要」がたったの4.4%ってやばくない?

こんな記事を見ました。

肝心の「基本給」はどう決まっているのか。中央労働委員会は毎年、大企業を対象にした「賃金事情等総合調査」を実施している。調査内にある、基本給を決めるための最も重要な項目を見ると、2016年の調査では、「年齢・勤続年数等(10.5%)」「職務内容・職務遂行能力等(34.5%)」「業績・成果等(4.4%)」「総合判断(50.7%)」となっている。

納得いく給料の決め方 新卒で100万円の年収格差も|出世ナビ|NIKKEI STYLE

大企業の給料は下記の順番で決めているとのことです。

  1. 総合判断(50.7%)
  2. 職務内容・職務遂行能力等(34.5%)
  3. 年齢・勤続年数等(10.5%)
  4. 業績・成果等(4.4%)

これを見てあなたはどう思いますか。

ぼくはとても衝撃を受けました。業績や成果ってこんなにも低く見られているんですね。これが日本企業の象徴なのでしょうか。

会社って何をする集まりなのでしょうか。

上記調査は大企業を対象としています。大企業=上場会社もたくさんあることでしょう。

上場しているということは不特定多数の株主がいるはずです。株主からの出資で企業は成り立っています。

あたなが株主だったとして、出資している企業に何を求めますか?

従業員の年齢ですか? 従業員のコミュニケーション能力ですが? 社内をうまく立ち回る人ですか?

このような回答をしている会社は株主軽視もいいところですよね。なぜ日本はこのようなことになったのでしょうか。

成果主義が高い傾向にあるのは下記のようです。

「業績・成果」の割合は「百貨店・スーパー(34.1%)」「新聞・放送(25.2%)」などでは高いが、「0%」と答えた業種も少なくない。

百貨店やスーパーの方って給料高いのでしょうか?おそらく昔ながらのメーカーでは0%と答えた会社も多いのではないかと思います。

給与の納得度が高い企業ランキング

TOP10に5社が外資系。

ちなみに日本企業の部長職以上って海外でみてもとても給与が低いようです。

中国やシンガポールでは部長の給料は平均2300万~2400万円、日本は2千万円に届かず、取締役はベトナムにも抜かれる

役員給与、アジア勢が上 中国4000万円・日本2700万円 :日本経済新聞

こう見ると先進国の中でもとても成長率が悪いのが頷けます。

人事コンサルティング大手の米マーサーが世界125カ国の2万5千社、1500万人以上の2016年度の報酬(予定額)を調べ、平均為替レートで日本円換算した。日本企業も自動車や家電など上場企業を中心に264社を調べた。対象の多くが大手で金額は高めに出る傾向がある。

これだけを対象にしているようですから信頼性はかなりのものでしょう。

▼格差を分かりやすく図にしてくれています▼

どんどんグローバル志向の強い人材が今後増えていくのでしょう。そうなった時に日本の企業はどうやってグローバルで戦っていくのか。このままではどんどん人材が海外に流出するでしょう。

最後に

「とにかく給料をあげてくれ」

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

んじゃまたっ!