さい〇うパパのブログ

1児のぱぱ。子育てに燃えるさい〇う!雑記ブログを書いてます。

【写真付】大阪歴史博物館へ行ってきた。休日の混雑状況は?

f:id:ryosuke888:20170909155052j:plain

7月のとある日曜日。大阪は谷町四丁目にある大阪歴史博物館へ家族で訪れました。すごい立派な建物に入っています。

ファーストインプレッション

外人ばっかりやないか!

けど海外の方が、大阪の歴史に興味を持ってもらえるのってなんだか嬉しいですね。

そして予想通りですが、全然混雑していません。苦笑

館内はめちゃくちゃ快適に見学できます。ちなみにぼくの子どもは幼稚園の年長さんですが、子どもが楽しめるコーナーもあり家族連れでもオススメです。デートにもいいかもしれませんね。

そんな大阪歴史博物館をレポートします。

大阪歴史博物館の情報

基本情報をHPから引用します。

開館時間

午前9時30分から午後5時まで (なお、特別展会期中の金曜日は午後8時まで)

入館は閉館の30分前まで

休館日

火曜日(祝日の場合は翌日)   年末年始(12月28日から1月4日)

住所・電話番号

〒540-0008 大阪市中央区大手前4丁目1-32

TEL:06-6946-5728(ゴーナニワ) / FAX:06-6946-2662

観覧料

大人:600円

高校生・大学生:400円

中学生以下:無料

大阪城天守閣とのセット券(高校生以上):900円

中学生以下無料はとても良心的ですね。

谷町四丁目は大阪城からもとてもちかいため、セット券が販売されていります。

f:id:ryosuke888:20170909155033j:plain

大阪歴史博物館のPOINTまとめておきます。

POINT!!
  • 公共交通機関で行ける
  • 館内は空いてて快適
  • 大阪の歴史を知れる
  • 子連れでも楽しめる
  • デートでも楽しめる
  • 暇つぶしに最適!!!(言い方悪くてすみません)

中の様子

大阪の歴史(縄文時代くらいから?)を徹底的にしることができます。すみません、正直2ヶ月前くらいなので記憶が薄れてますので写真並べるだけです。雰囲気を感じとってください。苦笑

f:id:ryosuke888:20170910144919j:plain
f:id:ryosuke888:20170910145032j:plain
f:id:ryosuke888:20170910145514j:plain
f:id:ryosuke888:20170910145519j:plain
f:id:ryosuke888:20170910145524j:plain

▼子どもが壺を作るパズルで遊んでます。歴史を学べるパズルが様々あり、大人でも難しいので楽しめます▼

f:id:ryosuke888:20170910145530j:plain

f:id:ryosuke888:20170910145536j:plain
f:id:ryosuke888:20170910145541j:plain
f:id:ryosuke888:20170910145634j:plain

▼ここを着物で歩けるサービスもあるようです。昔の大阪を海外の方が着物で歩いている様はとても不思議な感覚になりました▼

f:id:ryosuke888:20170910145651j:plain

f:id:ryosuke888:20170910145655j:plain
f:id:ryosuke888:20170910145659j:plain
f:id:ryosuke888:20170910145703j:plain
f:id:ryosuke888:20170910145708j:plain
f:id:ryosuke888:20170910145711j:plain
f:id:ryosuke888:20170910145715j:plain

まとめ

地元の大阪ですら全然歴史を知らないということに気付きとても貴重な体験ができたと思います。子どももそれなりに楽しんでいて、おそらくこういう所へ連れていくことがきっかけで歴史好きになったりすんだろうなと感じました。

ぼくの息子はそうでもないようですが。苦笑

大阪市内でアクセスも良いので、行くとこないなーとお考えの方にはオススメできる施設です。

 

▼大大阪の歴史を知れる一冊▼

かつて大阪には、「大大阪」と呼ばれた時代があった――。
総人口203万人は東京を凌ぎ世界6位、
「東洋一の商工都市」と謳われた工業都市化、
御堂筋や中之島を始めとする「格」と「美」を備えた都市計画事業、
世界最先端の文化を集めた情報発信地。
世界に冠たるメトロポリス「大大阪」の歴史と痕跡をたどる!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

んじゃまたっ!

 

あわせて読みたい!!