さい〇うパパのブログ

1児のぱぱ。子育てに燃えるさい〇う!雑記ブログを書いてます。

画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

子どもの運動会に準備すべき5つの道具

f:id:ryosuke888:20170102174418p:plain

 

10月は多くの学校で運動会が開催されます。

ぼくも10月の三連休に参加してきました。場所取りで朝の7時開門のところ7時半過ぎに到着すると一列目はびっしり埋まってました。無念。来年こそは最前列で観戦したいです。6時45分くらいに行くといいらしい。

話はそれましたが毎年終わった後に準備しとけばよかったと思うもの、備忘録兼ねて書いておきます。

間違いなく準備しておいた方がいいものばかりなので参考にして下さい。

必ず準備した方がいいもの5選

ブルーシート

当然の事ながら親御さんの最初の戦いは場所取りとなります。場所取りに必須と言えるブルーシート。

角に穴があいていて棒をさして固定できるものに絶対して下さい。

場所をとっても風で吹き飛んでしまったら水の泡。さらに四隅固定しておかないとちょっとくしゃっとなった部分に強引に場所取りしてくる人もいてます。大阪だけかな。笑

よって必ず固定できる物にしてください。場所取りしてから一回家に帰る方がほとんどなので荷物で固定しておくのも少し気がひけるかと思います。

小さい椅子

これは観戦する時、ご飯食べる時、あれば快適にすごせます。固い運動場の上にひいたシートに直接座るとほぼ間違いなく足がしびれます。痛くなります。経験されている方も多いのではないでしょうか。大きすぎると周りのひんしゅくかいますので注意しましょう。

小さいテーブル

これは忘れがちになると思うんですが、あるととても便利です。

とにかく運動場で子ども達がここぞとばかりにはしゃぎまわるので砂埃が凄いです。

そんな中、お昼ごはんを食べるとなるとごはん食べてるのか砂埃食べてるのかよく分からない状態になってしまいます。

そんな時、小さいテーブルの有無はお昼ごはんの味さえもかえてしまうといっても過言ではないでしょう。

ぼくは2年連続忘れてしまってお弁当をシートに直置きして泣く泣く食べていました。

小型テント

必須ではないですがあったら便利な物の上位に位置します。10月といっても体育の日あたりは残暑が非常に厳しいです。日よけという意味はもちろんですが、お弁当を直射日光から避ける意味合いもあります。今はとても簡単にたためる物も多くありますで準備することをおすすめします。

日焼け止め

ぼく自身三連休に参加して現時点でうっすら顔の皮めくれてます。

それぐらい強烈な日差しの日もあるのであった方がいいです。基本日焼けは全然気にしないんですが、さすがにこの時期に黒くなるのはいちいちいじられるのが面倒です。笑

まとめ

これ以外にも準備しておいた方がいいものはたくさんございます。しかし大荷物になるのも大変なので最低限の装備だけ記載しました。快適に我が子の応援ができる環境を整えることは大切です。備えあれば患いなしの精神で来年は望みます。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

んじゃまたっ!