さい〇うパパのブログ

1児のぱぱ。子育てに燃えるさい〇う!雑記ブログを書いてます。

画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

【初心者必見】絶対に口座開設しておくべき証券会社3社

f:id:ryosuke888:20170102144819j:plain

ぼくは口座だけは誰よりも持っていると自負しています。

 

皆さんそろそろボーナス支給されましたでしょうか。

この時期まとまったお金を手にして株でもやってみたいなと考える人は多い事でしょう。

そんなあなたに必ず開設しておくべき証券会社の口座を理由と共に解説致します。

とにかくシンプルに記載します。

初心者が口座開設しとくべき会社

1.松井証券

まずはネット証券の老舗「松井証券」は必須です。

初めて株をやる方はとにかく株の売買に慣れてください。びびってちゃ何も始まりません。

メリット1:1日に約定代金合計10万円までの取引手数料が0円。

は?どゆこと?ってなるかと思うんですが、例えば本日(2016年12月19日)の三菱UFJの株価は759.6円です(終値)。で、この株は100株単位で売買できるので、75960円で購入できます。

その際に、松井証券であれば手数料0円で買えます。他の証券会社であれば100円以上手数料発生する場合もあります。

たかが100円と考えるとメリット感じにくいと思うのですが積み重なると馬鹿にできません。

メリット2:一日信用取引

こちら圧倒的なサービス内容です。出始めの頃は「まじか!?」ととてもびっくりしました。

こちらデイトレ向けのサービスとなります。

一日の約定代金制限なしで手数料「0円」

この内容は、革命的、革新的、素晴らしい、痺れます。

代表的なネット証券の信用取引時の手数料をあげておきます。

~20万円 ~30万円 ~50万円 50万円以上
SBI証券 143円 191円 191円 360円
楽天証券 250円 250円 450円 450円
松井証券 0円(一日信用取引)
当日内に反対売買をしなければならないという条件のため、いわゆるデイトレ向けです。

あのデイトレの神、テスタさんも利用されてます。

 

7000万出金て|д゚)

まとめ

松井証券は少額取引、デイトレ向けには圧倒的にコスパが良い証券会社となります。

2.SBI証券

ネット証券最多の口座数を誇る「SBI証券」も外してはならない証券会社の一つ。

メリット1:手数料が比較的安い

10万円以内あるいはデイトレなら松井証券が圧倒的なパフォーマンスを誇りますが、中長期向けの投資であればSBI証券がなかなか良いんじゃないかなと考えます。

他にも同様の手数料体系のとろこも多いですが、似てるのであれば業界No.1の口座開設しておいて損はございません。

メリット2:IPO株するならSBI証券

もう一度言いますがIPO株するならSBI証券!

絶対に開設しとかなければいけない口座です。

今の時点でIPO株をしなくてもいずれするかもしれませんので必ず開設しといた方がいいです。必ずIPO株したくなる時がきます。

 

IPOって何?って方にとてもざっくり説明すると、企業が新規上場する事です。

最近ではLINEが2016年7月15日上場しました。

そして上場する時の株は少し割安に設定されていたりもするのでみんなが欲しがります。

ただみんなが欲しいと言っても最初はどこかの証券会社が主幹事となって欲しいと言ってる人に配分します。

SBI証券はそんな主幹事になることも多く、そしてIPOは主幹事以外の証券会社も絡むのですが、SBI証券が絡んでる事が非常に多いです。

なのでSBI証券に口座開設しておけばそれだけ色々なIPO株の抽選に参加でき、当然あたりやすくなります。

ちなみに2015年度のIPOの勝率は89.1%ととても高い勝率です。
92の株式会社がIPOしましたが、公募価格より初値が上回ったのがなんと82社。

LINEは公募価格3,300円、初値4,900円。当たれば33万円が49万円なので+16万円。

SBI証券に口座を持っていれば抽選に参加し当たる可能性が高いです。

まとめ

デイトレする時間はない!かなり勝率のいいIPOもしてみたい!という方ははSBI証券は必須口座となります。

SBI証券(ネクシィーズ・トレード)

3.マネースクウェア・ジャパン(M2J)

FXしている人なら誰しもが聞いた事ある会社でしょう。「トラリピ」という言葉は広く有名になりました。

メリット:トラリピを株でも実現!

FXの代名詞となったトラリピを株でも実現可能にされました。

正確に言うと株価指数CFDでトラリピになるんですが、ざっくり言うと日経平均の上がり下がりを自動的に売買してくれる仕組み。

例を出すと、

19000円の時に買い、19500円になったら売る。

18500円の時に買い、19000円になったら売る。

M2Jのサイトに分かりやすい図があるので引用させて頂きます。

 

f:id:ryosuke888:20170102145808p:plain

何がいいかというと仕掛ける幅次第ですが、一度仕掛けるとほぼ何もしなくていいという事です。

あとは個社に投資する訳ではないので倒産リスクを考えなくていいところです。

株はある一定の価格で上下の繰り返しです。

日経平均も同じで、数か月前2万円超した時もありますが、その後1万5千まで下がって、また2万円近くまで上がってと、上下を繰り返しております。

株の一番の怖いところは自分との心の戦いなのですが、トラリピはそれを一切排除した仕組みです。

効率はさておき仕掛ける幅を7000円~30000円に設定しているとおそらく数年間は何も設定変更しなくて住むでしょう。

どういった方におすすめかと言うと、

  1. ある程度の資金を準備できる。
  2. 忙しくて相場に付き合ってられない。なるべく放置しておきたい。
  3. 通常の売買ではなかなか成果があがらない、負け続けている。

特に3番目が該当する方はおすすめです。

ぼくは現時点でそこまで資金投入できないのでまだ取り組みはしませんが、いずれは必ず取り入れたい手法です。

M2Jのサイトに様々な情報公開されてますので一度目を通されることをおすすめします。

まとめ

M2Jのサイトに様々な情報公開されてますので一度目を通されることをおすすめします。

>>>M2Jはじめての株価指数CFD

>>>運用試算表

以上から言える事。

口座開設だけではお金かからないので3社は必ず開設しましょう。

M2J以外の2社はPCでの取引ツールはもちろんスマホアプリで株の売買ができます。

様々な証券会社が取引ツールやキャンペーンを出したりしていますが、まずは松井証券・SBI証券・マネースクウェアジャパンで口座開設しておけばじゅうぶんです。

株の売買に慣れてから他の証券会社を利用すれば良いでしょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

んじゃまたっ!