読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リーマンを辞めた会社員のブログ

プライムビデオ視聴・購入レビュー・美味い店・節約系、いわゆる雑記ブログ

営業が嫌う「なんじゃこの担当者!(通称 こまったちゃん)」

f:id:ryosuke888:20170103020108j:plain

こんにちは。

出会いには全く困っていないRYOSUKEです。

 

ほんと最近ええ歳した社会人なのにどーしよーもないおっさん(通称 こまったちゃん)多いですね。よく社会で働けてるなーと。

そんな事を考えているRYOSUKE です。

営業マン対応をしている企業担当者にこの記事が届いて欲しいです。

営業は毎日毎日人に出会います。かわいこちゃんならまだしも、おっさんばっかりと出会うの、もううんざりなんですよ。

「営業=演技」という感覚で働いてるため、好き嫌いで仕事しないよーにしてますがほんとどーしよーもないこまったちゃん、とうとう晒しちゃいます。

こまったちゃんその1:何でもかんでも電話してくる「こまったちゃん」

ほんとに何でもかんでも。具体例あげたいくらいだが身バレしちゃうので控えます。

さすがに仕事上では演技を貫いてる僕でも勘弁ならず感情的になってしまいますよそこのあなた。

まぁ最初は普通に対応するんですが、度重なるとこっちは商売にもならないんで、幾度となく「ググってください」とか言っちゃってるんです。ほんとぼくに関係のないどーしよーもないレベルの質問なんで。

まぁ当然「ググるって何ですか?」と聞かれる訳で、そこは想定内です。

しかし、ある日の電話で「RYOSUKE さんならどーゆーキーワードでググりますか?」って電話かかってきた時はもはや可愛さすら感じてきましたよ。

こまったちゃんその2:10分おきにエンドレス電話してくる「こまったちゃん」

これもよーいてますわ。こっちは営業やから当然電話に出れない時もあるんです。営業やからとゆーよりは人間なら電話出れない時くらい誰でもありますよね。

そんな中、10分おきに電話してくるんですわ。出るまでひたすら。恐怖を覚えますね。

僕はスーツの胸ポケットに携帯入れてるんですが、バイブ震えるたびに気になるのでチラッと見ると10分前と同じ名前が表示されてて、さらにその10分後も同じ名前…さらに10分後も…こっちが震えてきますよね。

いやいや、まじでどんなけ暇やねん!!

そんな人に限って折り返すと「お忙しい時にすみません、大したことじゃないんですけど…」でスタート。

「えっ⁉︎えっ⁉︎」大したことじゃない???

聞くとまぁほんとに大したことないですね。

「え?それだけですか?それだけなら良かったですー」て嫌味言っちゃいますよね。

てかその大したことない事にあなたどんなけ時間消耗してるんですか。

こまったちゃんその3:留守電に何も残さない「こまったちゃん」

これも多いですねー。よく知る人が携帯でかけてきて留守電残さんってのは何も問題ないんですよ。

ぼくが言いたいのは初めて電話する人!あるいは携帯でなく会社の電話でかけてくる人!

初めての人は当然ぼくも番号登録できてないんで着歴に番号だけ残ってるんですよ。「え、だれ?」てなるじゃないですか。そーゆー人ってほんと気が効かないってゆうかなんてゆーか。おわってますよね。

あと会社の電話からかけてくる人。理由は同じ。着歴に会社名だけ表示。「え、だれ?」。おわってますよね。

そもそも電話は相手の時間奪ってることに気づいて下さいね。

こまったちゃんその4:訪問こそが絶対的な営業と何一つ疑ってない「こまったちゃん」

ぼくクロージングの時は電話も訪問もよくします。契約後は基本相手に有益であろう情報がない限り行きません。メールで済ませるタイプです。

お互い時間の無駄だと思ってますので。


 

とある日。

 

こまったちゃん「B社(競合他社)採用しようと思ってるんですけど。」

RYOSUKE「そーですか、どんな提案ですか?」

こまったちゃん「こーこーこれこれで。」

RYOSUKE 「ここの部分B社はどんな話されてました?」※デメリットをちゃんと説明受けてるかの確認

こまったちゃん「うーん、あまりよく聞いてないです。聞いてみます。」

RYOSUKE 「お願いいたします。(…バカだなー、1番大事なとこなのに)」

 

後日。

 

こまったちゃん「やっぱりRYOSUKE さんの言ってた通りでした。」

こまったちゃん「だけど上司もB社の営業よく来るし採用してあげたらええんちゃうと。」

RYOSUKE 「!!?今より圧倒的に不利でもですか?」

こまったちゃん「はい…」


正直、こーゆーこまったちゃん(企業含めて)ぼくは相手しないのですが。

バーターならまだしも、よく来てくれるからという理由だけで不利な条件を受け入れる。そして会社に損害を与える。

営業が必死で稼いだお金を、あなたのそのちっぽけな判断で削っていくなんてどんな神経してるんですかね。

その金額の利益を稼ぐためにいくらの売上が必要か考えた事ありますか?

昔はそんな事まで提示して守る努力してましたが今は完全に放置です。

末路が楽しみです。

最後に

世の中にはこまったちゃん増殖中であります。

おそらくこれはそーゆー時代なのだろう。そーゆー政策のせいなのだろう。決しておっさんが悪くないのだろう。うん、そう思うようにしよう。

今日も明日もこの中の誰かにぶちあたるんだろーなー。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

んじゃまたっ!