PAPAlog

体験型、雑誌ブログを目指して

PAPAlog PAPAlog

ソフトバンク格安SIMが遂に登場!お使いのiPhoneで半額以下も可能!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

f:id:ryosuke888:20170815223733j:plain

遂にソフトバンクの音声通話付き格安SIMが登場しました。Y!モバイルを除くと業界初です。

今まではこんなこと思っていませんでしたか?

「ソフトバンクのiPhoneを使っているけど、端末そのままで安くならないかなぁ」

結論から言うと、日本通信の「b-mobile(S)」という格安SIMで実現できます。

ぼくはソフトバンクのiPhone6を使っています。毎月9000円くらい払っています。めちゃくちゃ高い・・・

iPhone6以前のシリーズはSIMロック解除ができないため格安SIMに変更できないのが難点でしたが、日本通信製品であればシムロック解除不要です。

もう「なんでSoftBankこんな高いんだよ!」と不満を抱く必要がありません。安価なAndroid端末のレビュー記事を見る必要もございません。使い勝手が不安動作も不安データ移行も大変そう・・・そんな不安に満ちたAndroid端末での格安SIMライフを過ごさなくて大丈夫です。

どうかソフトバンクのiPhoneを利用されている方は、本記事を最後までお読み頂き、ご検討頂ければ幸いです。

本記事をお読み頂きたい方
  • ソフトバンクのiPhoneご利用中の方
  • 特にiPhone6・5c・5s・5利用中の方!
  • 携帯代をとにかく安くしたい方

 

ちなみに筆者のスペックは下記の通りです。

  • ソフトバンクの「iPhone6s」→LINEモバイルへ切替済み
  • ソフトバンクの「iPhone6」→本記事紹介の「b-mobile」に切替済み

関連【注意点は2つ!】LINEモバイルへ切り替えた!P.S 毎月の焼肉代浮いたよ

関連【格安SIM】ソフトバンクiPhone6を日本通信b-mobile(S)にMNP!!激安だけど通信速度は?

現状料金を確認(事前準備)

まずはどの程度コスト削減ができるかを確認。MySoftBankにて現状料金の調査。

iPhoneだとこのような画面が表示されます。

f:id:ryosuke888:20170817110929p:plain

7月請求9167円。めちゃくちゃ高いですね・・・

金額だけじゃなくデータ使用量も確認。請求額の右下の「データ量」をクリック。

ちなみにぼくの場合日本通信にすると確実に3000円以下になります。

これだけ安くなるなら違約金(9500円)とかMNP転出手数料(3000円)とか、あまり気にならないですね。

※更新月(2年に1回)以外に解約するとほとんどの人が上記金額(合計:12500円)が発生します。

業界初はどこの事業者(MVNO)か

日本通信という企業。日本通信はMVNO業界では草分け的な存在となり、現在ではMVNEとしても活躍しています。

MVNEとはMVNOに新規参入したい会社を支援する会社です。難しいことはさておき、古くからMVNOとして事業を行っているためMVNEという役割を果たせます。

なぜ今までソフトバンク系格安SIMがなかったのか? ソフトバンクの回線を借り受ける料金が非常に高額だったため、採算が取れないことが最大の要因です。しかしここ数年、料金が非常に安くなってきました。

そのような背景の中、日本通信がソフトバンクから回線を借り受け、サービス提供を開始しました。それが「b-mobile(S)」です。

b-mobile(S)の特徴

  • ソフトバンクの電波を利用
  • ソフトバンクのiPhone・iPadをそのまま利用可能(シムロック解除不要)
  • 通信費が半額以下とめちゃくちゃ安くなる

料金プランについて

料金プランは2種類あります。
「データ専用SIM」「スマホ電話SIM」。データ専用SIMはその名の通りインターネット通信のみで電話はできません。スマホ電話SIMは皆さんがお持ちの電話として利用できるSIMとなります。全く別物なのでご注意下さい。それぞれ解説します。

データ専用SIM

データ専用SIMには「プリペイド方式」と「ポストペイド方式」がありますのでそれぞれ解説します。

プリペイド方式

初期手数料:0円
1GB(or 15日間):980円
7GB(or 25日間):2,980円

プリペイドは、利用開始日より有効期間を経過、もしくは利用可能データ量を消費した時点で、サービスが終了します。

要するに、15日間経過または1GBを使いきった時点、25日間経過または7GBを使いきった時点でサービスを利用できなくなります。それぞれサービス終了後2日後までにチャージをしていただくと引き続きサービスをご利用いただけます。

初期費用0円なので通信速度を確認してみたい!という方に最適ですね。

ポストペイド

初期手数料:3,000円(SIM代金込み)
【月額】
1GB:880円
3GB:1,580円
7GB:2,980円
30GB:4,980円
※途中解約の違約金ゼロ

実は他のMVNOに比べると少し割高です。利用用途としては過去にソフトバンクのiPadを解約して今は自宅でWi-Fi利用している方でしょうか。ぼくも両親に解約済みのiPadをプレゼントしたので、SIMをプレゼントをすると喜ばれるかもですね。

対応端末

データ専用SIMの対応端末は以下の通りとなります。

f:id:ryosuke888:20170815225631j:plain

iPhone系

iPhone 7、iPhone 7 Plus
iPhone SE
iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6、iPhone 6 Plus
iPhone 5c、iPhone 5s、iPhone 5

iPad系

iPad Pro
iPad Air2、iPad Air
iPad mini 4、iPad mini 3、iPad mini 2、iPad mini
iPad (第4世代)、iPad (第3世代)、iPad 2、iPad(初代)

最大の特徴はSIMロック解除が不要、これに尽きます。

スマホ電話SIM

f:id:ryosuke888:20170815230053j:plain

それではお待ちかね?のスマホ電話SIMプランをご紹介します。

初期手数料:3,000円(SIM代金込み)
月額基本料金:2,450円(1GB) ~ 3,850円(5GB) ※この料金に国内通話5分以内かけ放題が付いています

スマホ電話SIMの料金は利用データ量に応じて決定します。

もう少し細かく見ていきます。以下の通りとなります。

1GBまで:2,450円
2GBまで:2,800円
3GBまで:3,150円
4GBまで:3,500円
5GBまで:3,850円
※5GBに達した場合は、上り下りともに最大200kbpsに速度制限がかかります。

要するに、どれだけ使っても上限は3,850円ということです。(速度制限はかかる&通話料は別)

「あなたはどれだけのデータ量を使っているか把握していますか?」

実は6割弱は3GB未満という調査データもございます。

スマートフォンのデータ通信・通話利用に関する調査

ここまでご理解頂けましたでしょうか。

続きまして通話料についてご説明します。

通話料について

「b-mobile電話」という専用アプリを利用すると、国内通話はどこに何度かけても5分以内は無料!5分経過後は30秒10円となります。アプリ外からの発信は無料通話対象外となりますのでインストール必須です。

b-mobile電話
b-mobile電話
無料
posted with アプリーチ

 

SMSも利用可能!

スマホ電話SIMではSMSが利用できます。
※SMS:電話番号で文字メッセージを送受信するサービス

料金の詳細は下図あるいは公式サイト を参照ください。

f:id:ryosuke888:20170815230623p:plain

SMS受信は無料となります。

オプションについて

下記の通り、各種オプションが準備されています。

f:id:ryosuke888:20170815230757p:plain

割込通話:200円
グループ通話:200円
ナンバーブロック:100円
留守番電話:300円

必要に応じて申込の上ご利用可能です。

違約金について

2017年8月現在、最低利用期間と解約金はございません

通常携帯電話は2年縛りが大前提なのでとても良心的です。節約して新しい端末を購入した際、さらに安い格安SIMにいつでも乗り換えができます。

対応端末

スマホ電話SIMの対応端末は下記の通りとなります。

f:id:ryosuke888:20170815231322p:plain

iPhone 7、iPhone 7 Plus
iPhone SE
iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6、iPhone 6 Plus
iPhone 5c、iPhone 5s、iPhone 5

iPhone4s以前の端末は対応していませんのでご注意ください。

注意事項

簡単にですが、注意事項まとめておきます。

  • テザリング利用不可
  • iPhone 4s以前のマイクロSIM採用端末は利用不可
  • クレジットカードでの支払いが必須(デビット不可) 

料金シミュレーション

スポンサーリンク
 

半分以下になります!とお伝えしましたが、SoftBankから乗り換えるとどの程度安くなるのかシミュレーションしますので参考にしてください。
ソフトバンクの各プランの最安値は以下の通りです。

ホワイトプラン

必要最低限は下記組み合わせとなります。

  • ホワイトプラン:934円
  • パケットし放題フラット(7GB):5700円
  • ウェブ使用料:300円

※通話料:別途、30秒20円

料金(合計):6934円
b-mobile(S)は7GBがないため、5GBは3850円。※11月時点で5GB以上のプラン有り。
差額▲3084円

通話し放題ライト

必要最低限は下記組み合わせとなります。

  • 通話し放題ライト:1700円
  • データ定額(5GB):5000円
  • ウェブ使用料:300円

※通話料:5分以内何度でも無料

料金(合計):7000円

通話し放題ライトの場合はデータ定額5GBしか選べません。
b-mobile(S)の5GBは3850円。
差額▲3150円

b-mobile(S)はデータ量に応じて料金が決定しますので、利用量が少なければもっと安くなります。あくまで5GBで比較しています。

通話し放題

必要最低限は下記組み合わせとなります。

  • 通話し放題:2700円
  • データ定額(2GB):3500円
  • ウェブ使用料:300円

通話料:かけ放題

料金(合計):6500円

b-mobile(S)の2GBと比較すると2800円。
差額▲3700円

 

完全に同条件ではございませんが、概ね半額以下!

ここまで解説してお伝えするのは心苦しいですがb-mobile(S)へ変更すべきでない方も紹介しておきます。

  • 通話し放題が必須
  • データ通信量が5GBを大幅に超える
  • テザリングが必須

この3つに当てはまる人は切り替えない方が良いかもしれません。自宅にWi-Fi環境を構築して回避できる人は是非検討下さい。

申込方法

データ専用SIMおよびスマホ電話SIM(新規)は既に公式サイトより申込可能です。
※番号そのまま(MNP)は8月22日よりサービスインを予定していますので、もう暫くお待ちください。

 公式サイト

準備するもの

音声SIMの契約は免許証は必須となるでしょう。さらにMNPの場合はMNP予約番号も。その他は分かり次第追記します

ソフトバンクのMNP予約番号取得方法

MNP予約番号取得には下記の2種類があります。

  • ソフトバンク(157)へTEL
  • ソフトバンクショップにて払い出し

ぼくは以前TELで取得しましたが、引き止められた際は「格安SIMへ変更する」と伝えるとスムーズに取得できました。

MNP予約番号は発行日含め15日間しか有効期限がありませんのでご注意ください。有効期限経過しても再度発行すれば問題ないのでご安心ください。

最後に

ようやくソフトバンク系の格安SIMが登場しました。ドコモ回線、au回線の格安SIMと比較すると少し割高感は否めませんが、ソフトバンクからの回線貸出料も年々安くなってきていますので、今後同等価格でのサービス提供を期待します。

また料金以外のサービスもまだ充実にはほど遠いので是非積極的なサービス展開期待します。その為にも、ユーザー獲得は必須となりますので、是非皆様もご検討下さい。

最後に再度b-mobile(S)の特徴をまとめます

メリット

  • ソフトバンクの電波を利用
  • ソフトバンクのiPhone・iPadをそのまま利用可能(SIMロック解除不要)
  • 通信費が半額以下とめちゃくちゃ安くなる 

注意事項

  • テザリング利用不可
  • iPhone 4s以前のマイクロSIM採用端末は利用不可
  • クレジットカードでの支払いが必須(デビット不可)

辞めといた方がいい人

  • 通話し放題が必須
  • データ通信量が5GBを大幅に超える
  • テザリングが必須

あなたの毎月の通信費を削減する一助になれば幸甚でございます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

んじゃまたっ!

 

あわせて読みたい!!